壱岐の蔵酒造

壱岐焼酎ミニミュージアムで試飲できる焼酎をご紹介します。
7蔵目は長崎県壱岐市芦辺町に蔵を構えている壱岐の蔵酒造。

壱岐の蔵酒造の蔵

200~300年の歴史のある蔵が6社集まり1984年に立ち上げた壱岐の蔵。
主要銘柄の名前でもある「壱岐の島」を知ってもらい、壱岐と壱岐焼酎を愛してもらいたいという想いで商品開発、製造を行っています。
昔ながらの常圧蒸留は守りながらも、減圧蒸留でフルーティーな味わいの商品に力を入れたり、島外へ発信することを軸に考えられた商品も多数あります。

壱岐の蔵酒造 代表取締役社長 石橋福太郎さんに7つの質問

「7蔵にきく7つの質問」を各蔵の代表者の方からご回答いただきました。

ミニミュージアムで試飲可能な3銘柄

壱岐っ娘 25度、壱岐の島かめ貯蔵 25度、IKIKKO DELUXE 25度の3銘柄をご用意しています。
銘柄の説明とおすすめの飲み方をご紹介します。

壱岐っ娘 25度

麦焼酎発祥の地の伝統にのっとって仕込み、減圧蒸留しタンクで1年以上熟成させ、良質の竹炭でろ過した麦焼酎です。
米麹の旨みと麦の風味が堪能できます。

おすすめの飲み方
水割り、ロック、炭酸割り

壱岐の島かめ貯蔵 25度 壱岐限定商品

長い時間甕(かめ)で熟成させることで、よりまろやかな麦焼酎が味わえます。
この口当たりのまろやかさ旨みは繊細な日本料理等を引き立たせてくれます。

おすすめの飲み方
お湯割り、水割り、ロック

IKIKKO DELUXE 25度

スペインから取り寄せたシェリー酒の古樽の中で熟成させ、3年以上長期熟成させた焼酎です。
ふたを開けると心地よい凝縮感のあるフルーティーで芳醇な香りが漂います。

おすすめの飲み方
水割り、ロック、炭酸割り

店舗情報

壱岐の蔵酒造株式会社

所在地
〒811-5753
長崎県壱岐市芦辺町湯岳本村触520
電話番号 0920-45-2111
営業時間 9:00~16:00
HP https://ikinokura.co.jp/